TOEIC試験のビジネス英語と会話で使うビジネス英語

海外に滞在経験があり、日常英会話はできるようになりました。

帰国後、TOEICを受けたところ、渡航前と比較して特にリスニングが飛躍的に伸びました。しかし、TOEICはビジネス英語が多いため、練習問題で日常会話の部分はいつもほぼ満点でも、ビジネス英語はなかなか頭に入ってきません。その後もビジネス英語に触れる機会が少なかったので、何度かTOEICを受験しつつも、点数は伸び悩んでいました。

そんな中、外資系の会社に転職することになりました。英会話はあまり必要ありませんでしたが、メールで本社とやりとりしたり、本社のwebに掲載される内容を翻訳する仕事をしていました。専門的な内容も多く、難しかったのですが、それでも日々単語を調べ、日本語に直すことを繰り返していました。訳すことに集中していたため単語を覚えようとは思っていなかったので、同じ単語でも何度も辞書を引いていました。

そんな中TOEICを受験したところ、点数がわずかながらでしたが上がっていました。それまで仕事上で英語での会話の機会はほぼなかったのですが、TOEIC自体は会話の試験ではなく紙面上での試験ですので、翻訳作業を通じて単語力がついていたようです。やはり英語は慣れることが大事なのだと実感しました。

とは言え、会話で使うことがない単語ばかりなので、TOEICに役立つ単語が会話に生かされている実感は正直全くありません。紙面で学ぶことと会話として口から発することというのは、また別のことなのだと痛感しました。TOEICの試験勉強とビジネス英語での会話は、目的が違うため、異なる訓練が必要なのだと身をもって理解しました。