TOEIC 900点数が高ければ履歴書に書けます

海外留学・在住経験なしでTOEICスコア900点台です。仕事はサービス業で、英語が必須ではないものの、できたほうがいいという程度です。

TOEIC自体はライティングとリスニングのみのテストなので、英会話教室に通ったり留学しなくても、勉強すればスコアをあげることが可能です。私の場合は中学から学校での授業に加えてラジオ英会話を聴いて、TOEICの過去問を解いて対策しました。試験は何度でも受けることができるので、一番いいスコアを履歴書に書くことができます。

履歴書に書いたTOEICのスコアで、転職の面接で評価にプラスになったと感じたことがあります。現在の職場ではたまに英会話での対応が必要になることがあり、英語ができるということで重宝されています。英語での文章作成を頼まれることもあります。

ただ、実際に外国人と会話したり、英語で文章を書くにはTOEICのスコアが高いだけでは不十分で、自分でそれなりに勉強する必要があります。900点以上だとネイティブ並みに英語ができると思われることが多く、期待もそれなりにされます。

履歴書に書くにしても、600点台700点台というのは珍しくないので、職種によるかもしれませんが800点以上あったほうがいいのではないでしょうか。外資系企業には通用しないかもしれませんが、日本国内ではTOEICの知名度は高いので、高スコアであれば就職や転職でプラスになることは十分あると思います。外資系や留学、海外勤務希望の場合は、ライティングとスピーキングに特化したTOEICもあります。