TOEICの勉強をしたら給料が上がった

一日に一回以上は、必ず英語に触れる職場環境で仕事に奮闘しています。エラーメッセージと呼ばれる、プログラミングの作業中にしばしば見ることになる厄介者です。何を隠そう、私の職業はプログラマーです。学生時代は、英検5級レベルの英語すらまともに理解できませんでした。

私には、悩みがありました。英語で表示されるエラーメッセージが、全くと言っていいほど理解できないことです。ネットの自動翻訳機能を頼りにしていましたが、日本語の文法が崩壊している結果が表示されてしまいます。そのため、英語ができる同僚や上司に相談することが多かったです。

社内では、作成したプログラムの量と質によって給料が決まる仕組みが採用されていました。私の場合は、質は一定の基準をクリアしています。その一方、量は英語の理解能力が皆無なために伸び悩んでいました。

給料が上がれば、もっと美味しいものがたくさん食べられるようになると考えました。そのためには、TOEICの勉強をしながら英語能力を向上させるのが効果的だと思いました。基礎的な文法から勉強し始めて、2年後にはTOEICのスコアが500になりました。そのころには、エラーメッセージを瞬時に翻訳することが可能になっていました。結果として、給料が上がりました。