国外出張を申し出てTOEICのスコアがアップ&転職に活かす

英語の実力は平均的な高卒レベルだと自負していた私は、国外出張をすることによってTOEICのスコアが300アップしました。遠い異国の地で、英語漬けの毎日を送った甲斐があったと思っています。

これからの時代にビジネスマンとして生き残るには、英語の実力を伸ばすしかないと考えていました。しかし、仕事が忙しいことを理由に英語の勉強が疎かになりがちでした。TOEICの勉強をしていたのですが、スコアが400から伸びずに悩んでいました。

あと200ぐらいはTOEICのスコアを伸ばしたいと強く思うようになった私に、チャンスが巡ってきたのです。当時の職場では、国外出張の希望者を募っていました。本当なら上役が認めた人材を派遣するようですが、あいにくスーパーマンのほとんどが既に海を渡っていました。そこで、TOEICのスコアを伸ばしたいと思っていた私が国外出張をしたいと申し出たのです。

私の申し出は、すんなりと受け入れられました。2年間、私はカナダで英語でのコミュニケーションに悪戦苦闘しながら働きました。帰国してから改めてTOEICを受けてみると、スコアが700を超えていたのです。当初の目標を大きく上回ったので、目的を達成させるために国外出張を申し出て良かったと思っています。